華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらはRFT2010 イベントのレポートです。

続きを見たい方は、
OPEN

RFTジュニアズが前説して・・・。一人ひとり紹介して登場。

演技の錬金術師 大川透 (ロイ・マスタング!!)
声優界の伊達男 置鮎龍太郎(衣装が噴いた)
俺たちのお姉さま 折笠愛
凛とした姿が魅力 折笠富美子(家族ではないですよ~)
今日もメロメロに かないみか(元山寺妻、かわいい!)
アクター?ミュージシャン?いえいえ、アーティストです 楠田俊之(宍戸!)
まさに演技の宝庫 桑島法子(杉田一押し声優)
美少年・美少女美形が多いのは澄んだ声がなせる業 小林沙苗
二枚目悪役オカマまで・・七色の声をもつ名優声優 近藤隆(雲雀!)
今年は何をやらかすのか・・声優界の万事屋 杉田智和(THE自由人)
「はいはい~。次はね、俺の上司です。杉田のくせに俺より先にでて生意気だぞ~なんていってねぇや。関さーん」
スネオの声で登場 関智一
声優界の女王になる!田中真弓(ワンピTシャツきてるううう!)
「50音は行を言わせたら右に出るものはいない。ハヒフヘホ~の達人。DBではこの方が出てくると私クリリンは死んでしまいます。」
中尾隆聖
アンパンマンではみんなのアイドル クリームパンナ 長沢美樹
クレヨンシンちゃん園長 名優中の名優 納谷六郎
カリスマ女優 野川さくら
若手実力派 細谷佳正
誰もが魅了するセクシーボイス 緑川光
プリティボイス よなきゅん←代永翼


スズオトノキズナ


「ショートストーリーズ」
1話10分程度のショートストーリーを朗読劇として紹介。コメディからシリアスまで様々なジャンルの物語を豪華キャストでお届け。


「呟き」 26歳OL 西野カノンは、ネットで他人のことをあれこれ見るのが大好き。 今日も仕事帰りに、とあるBarに寄り、携帯電話を眺めていた。 するといつものページに緊急の書き込みを発見し・・・

ツイッターとmixiな話ww

配役:ナレ・マスター 大川さん、かのん 小林さん、キョウコ 長沢さん、編集の浜崎 関さん

・いちいち大川さんがかわいいww小林さんイイネ!
  
「呵責 ー其ノ弐ー」 24歳 菊池ショウは女に振られ、とあるBarに寄りキョウコという名の女性と出会う。 お酒もすすんでほろ酔い気分になった頃、ショウはキョウコから「大人のお誘い」を受けた。
良心と邪心の間で揺れ動くショウに彼の良い心(天使)と悪い心(悪魔)が囁き始める。
が、話は再びあらぬ方向へ・・・。

配役:ナレ・マスター 大川さん、キョウコ 長沢、 菊地ショウ 代永さん、ショウの天使 かないさん ショウの悪魔 杉田さん キョウコの天使 愛さん 、キョウコの悪魔 緑川

杉田ナレ「皆さん、欲望はお持ちですか?人間はさまざまな欲望を秘めています。そして、その欲望をかなえる為に~~~~天使と悪魔・・すでにさいは投げられているのです」
いちいち眉をひそめるのやめてwww噴いたww

・ショウは自己紹介で噛みました。「俺にだってね、ショウっていうかっこいい名前があるんです、あ、言えた」マスター「あの噛んだ男ショウというのか、ショウは噛むだけじゃなくてあっちの方も小さそうだ」←ww
・チェリーボーイでMのショウは出会ったキョウコに「あっちも小」じゃないかと馬鹿にされ、「大だってこと証明してやる」と大きく出るが、そこに天使かないさん登場 アーチェとサトコにしかきこえない。
天使なのに悪魔な性格。去年ネタわからん!
・ショウの悪魔・・wwww登場がアラビアンBGM
「時にはショウを男らしく・・YOU一発決めちゃえばいいんじゃない?」
「ふはははっ・・俺はお前の悪い心をむさぼる・・(ショウ:はいはい悪い悪魔ね、デフォルトデフォルト)そういう言い方はお兄さん、好きじゃないな」
もう帰ろうかと悪魔がいうと、ショウが帰らないで、みんな悪魔さんのいい声を聞きたがってますから、お願いします。というもんで、調子に乗った悪魔は同じ台詞を、
「俺はね、お前の、心を、むさぼるぅA・KU・MAだ~!」
とさらに強調して言ってました。に対してよなきゅんの「大人って大変ですね」w
「そんなことよりさ、YOU本当にいいの?帰っちゃって。人生で三回あるうちの最後のチャンスを棒に振っちゃうよ?」
最後のチャンスってあとの二つは?
「え?生後4ヶ月に2回」って早すぎwどこで?!
「あのな、誰にだって、愛する女の他に、求める女ってのがいるんだよ。いいかい?そもそもね、もしその愛する女がいざ体を差し出したとき、お互いに経験がないと恥ずかしい思いしちゃうよ?」
という悪魔の言葉に燃えるショウに天使が止める。
「おいおい、天使ちゃん。それ否定しちゃだめだ。少子化どころの騒ぎじゃないよ。さささ、優等生の戯言は無視してたまにはピッチャーじゃなくてバット出せよ」←三橋!

踏ん切りつかないショウに相手の心の中をのぞかせてあげると提案する悪魔。

キョウコの天使愛さんと悪魔 緑川さん。

キョウコの天使はキョウコを励ますけど、「このままだとあの子(ショウ)は魔法使い、そのうち妖精をおいかけるまでになるかも」というけっこうひどいいいようww
キョウコの悪魔は「コレは善行さ、くっちゃえくっちゃえv見ろよあの男の顔。餌をちらつかせた野良犬のような顔になってるぜ?」と。
反対側でよなきゅんが犬の真似してた。かわいい奴。

かない天使(シズカ)が愛天使がヨシコと気付く。
杉田悪魔「ヨシコ・・・」愛「カズシ・・さん!」
ヨシコぉ?カズシ?!なんだそれええ。名前普通だな、おい。
つうか元彼女?!
ヨシコが「カズシさんはあんまり変わらないわね」って言ったら
カズシ「ま、まあ、アクマで悪魔だからな」←

マスターはシズカが見えるらしいw
カズシ「おい、ヨシコがいるってことは」
緑川悪魔「また会いましたね、兄さん?」杉田「タカヒコォ!やっぱりお前か」
何このドエロ兄弟・・・
んで、タカヒコとヨシコがなんか主従関係の婚約関係w
「タカヒコさん、いえご主人様」おいいい!!
カズシ「まてまて!関係おかしくね?!」
しかも、カズシもヨシコのお兄ちゃんで近親相姦?
もう複雑な設定すぎ。

カズシ「タカヒコぉ・・俺ぁ、俺は・・・お前を殺す!」
タカヒコ「そうだよ、いいね、兄さん。そんなかんじでもっと僕を憎んでくれ」

となんか殴り合いを開始するカズシとタカヒコ。
殴られて嬉しがっている、タカヒコはなんだwww
「愛してるよ兄さん」とか言い出すんだ。

カズシ「お前が!泣くまで!殴るの!やめない!」
タカヒコ「そう簡単になかないよ!泣かせるなら、いいの頂戴よ!」
馬鹿兄弟・・・。
シズカとキョウコがわんわんないて大騒ぎ。

ショウは冷静になり、「マスター。お勘定お願いします」



これ以降が今回メインのお話だとおもう。上の話にも出てきた人物のアフターストーリーも交えた話。伏線がひとつにまとまります。
中学~社会人までのストーリー。視覚障害者の話でもある。

配役:桜井鈴(リン)桑島さん、坂本弦 近藤さん、今井響 細谷さん 工藤琴美 富美子さん、西野かのん 小林さん、菊地ショウ 代永さん リンの父桜井奏 中尾さん、琴美父工藤楽 楠田さん、琴美母工藤つづみ 田中さん 美術の先生 古田タクト 置鮎さん、古田ケン、編集の浜崎 関さん、松田音々 野川さん、ショウ天使ヨシコ 愛さん、ショウ悪魔のカズシ 杉田さん


ショウの中学時代の天使と悪魔登場当時はカズシとヨシコ。
「わぁ、10万年くらい生きていそうな登場の仕方ですね」ていったら、「一億と2千年前から生きてるよ」て返してました。アクエリオオオオン!兄弟とばれたために記憶を消すって強引w
「コレがクリスタルの意思だ」ってwwwFF?
ショウ「あ~れ~どっかで聞いたことがある伝説のゲームの台詞だけど~」カズシ「言うでない!ちっいちいち説明のおおいヤツだ。コレにて任務完了だ。次のターゲットをさがそう。サラダバ~、ショウ?」
 

「想い」 12歳 坂本弦は、幼なじみの今井響・桜井鈴と共に中学校へ入学する。
服装も急に大人びて、ジャケットを羽織ってみたり、髪を伸ばしてみたり。
兄弟のように仲良く育った3人だったが、
少しずつ外見が変わるように、お互いの気持ちにも変化が訪れ・・・

「憧憬」 20歳学生 工藤琴美は、とうとう高校時代の憧れの先生 古田タクト に真剣交際を申し込む。
それは高校時代に古田から「20歳以下の女の子を女性として見ることができない!」
と釘を刺されていたため。
ついに2年越しの告白をしに行くと、古田先生は別の女性と婚約したばかりで・・・

年の差すぎるwwでも納谷じいちゃんならOK←

「鈴音」 18歳 今井響。高校3年の春。
周囲では誰と誰がつきあっているとか、誰が誰に告白したとか。
長い間幼なじみとしてつかず離れずいた鈴に、
意を決した響は自分の正直な気持ちを告白するのだが・・・
「絆」 18歳 桜井鈴。
有名なピアニストである父との間には少しずつ確執が生まれていた。
その溝は日に日に深まり、ついに絶縁状態となる。
翌年、鈴は家を出て一人暮らしを始める。
過去を振り返りひどく落ち込んでいた鈴も、時間の流れとともに、
ゆっくりと前へ進み始める・・・そして。


EDは昼の部では響と鈴がくっつきました。
鈴て漢字で書いてあるのか、数名リンをスズと呼んでいました。
下の名前が音に関係した名前でしたね。



TIESコーナーでは、RFTジュニアズが
視覚障害者のピアニストと一緒に演奏+歌を歌ってきたというレポートVTRを見ました。
点字での楽譜の暗譜は本当大変そうです。
歌を披露した、ノブナガくんは恥ずかしがってましたねw
「歌うつもりではなかったんです」
携帯で歌詞を探して歌ってたらしく、緑川さんに
「なに携帯持ってんの?遊んでたの?」とからかわれてましたね。


バラエティコーナーでは
全出演者を2チームに分けて行う対抗戦。
用意された台本の配役を抽選によりその場で決めて演じて見せます。
昨年は、折笠富美子のオカマ、近藤隆のポチ(犬)、杉田智和のタマ(猫)、緑川光の幼児、等奇跡の配役が生まれたこのコーナー、今年はどんなミラクルが生まれるのか。

司会 納谷さん

中尾さんちーむ
代永さん、野川さん、長沢さん、近藤さん、小林さん、富美子さん、置鮎さん、大川さん

田中さんちーむ
細谷さん、緑川さん、関さん、杉田さん、かないさん、桑島さん、楠田さん、愛さん

ガチなので、声優人の脚本チェックの様子が見られます。
みんな真剣に赤ペンでチェックしてます。

役柄はサザエさんで。ナレーション、ママ、パパ、おじいちゃん、リカちゃん、近所のゴロウ、オカマのチャーリー、ポチ、タマ



前編 田中さんちーむ。

祖父:桑島さん(かわいい爺さんでした)
ママ:細谷さん(おかんやん)
パパ:緑川さん(マスオのまねww)
リカ;杉田さん(犯罪www)
猫:関さん(やかましい!)
犬:かないさん(かわいい!)
ゴロウ:田中さん(バイキンマンのモノマネ)
チャーリー:楠田さん(wwwww)
ナレ:愛さん

後半
祖父:富美子さん(かわいいじいさん!)
ママ:近藤さん(オカマwwww)
パパ:長沢さん(マスオではなかったがよい)
リカ:代永さん(かーわーいーいー!!)
猫:大川さん(まさかの猫)
犬;野川さん(かわいかった)
ゴロウ:置鮎(普通?←)
チャーリー;中尾さん(バイキンマンがオカマやってるといしか聴こえない件)
ナレ;小林さん

杉田さんはいちいちリカの声やるとき下向くのww
かわいい声なのに時々低音ボイスだすのやめてくれませんん!?
「おじいちゃん!・・・だいすき(低音で)」
後半のリカ・・よなきゅんはもう有無を言わさずかわいかったです。

拍手で勝敗を決めるのですが、納谷さんの独断と偏見で後編チームの勝ちでした。



昼の部の最後あいさつに田中さんが「本日をもちまして、二代目中尾隆聖を襲名いたしました」ってふざけてました。
大川さん「まさかの猫でした」
楠田さん「とても楽しいオカマ役でした」
かないさん「これは台本どおりにやるの?ときいたら杉田さんが、そうです。と答えましたが、杉田さんはうそつきだ(棒読み)」
杉田さん「うそつき野郎です。杉田です。」
関さん「READING FOR THE?」みんなに「TIES」を言わせようとしたらしいですが、すべりました。サラリーマンの格好の関さん。
緑川さん「代永さんの声帯がどうなっているのかが気になります。いつか勝負だ!」ってなんか代永さんに勝負挑んでるよこのひと~!
トリは白石・・・じゃなくて細谷さんは普通に締めていただきました。

杉田さんはなんかいちいちぽっけに手を入れて、拍手のときはちゃんと手をたたくのが気になったのでありました。
スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。