華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「暗闇の中で」

有利の心の中に入り込んだ眞王陛下が有利に精神攻撃(だよね?)
をして、有利の身体をのっとってしまおう・・・という感じですかね。

・早速有利の身体の中に入り込んだ眞王。はいってくんなああああ(有利の心の叫びだろう)
・2つの絵画の前で、悔しそうにする次男。「この思いは絶対だ!俺は、有利を必ず助け出す!」 「てめええ、眞王!有利に何かしてみろ、ケ●から手入れて奥歯ガタガタいわせたるから(←後半の言葉はいっとらん!でもそんな感じ)」絵には当たれない次男は壁に当たってました。そして、絵の前から立ち去ろうとしたとき。
シュババババッと剣捌き。
ヨザです!!コンラッドがやりたくてもやれなかったことを彼はやってのけてくれました。
「コレぐらいでもやらなきゃ気がすまないでしょ?」
自分の慕ってる人の昔の絵まで切り刻みました。

コンラッド少し微笑む「(ありがとおおおおおおお!心の友よぉぉ!)」←だから!そんなこといってな・・・ムグッ!

有利目覚めると埼玉の実家のベッドの上。下に下りて
「お袋メシ・・・あれ?」
誰もいない家・・いつもと違う雰囲気。
「ここがお前の家か」
あの服のまんまでソファーに偉そうに座り込んでいる眞王。
「おっおっお前、なんでここにいんだよ!!」
「似合わないな」
うん・・似合わない。

バナナボートでたあ!
魔力補給にグウェンとヒューブが使われました。
お可哀そうに(TT△TT)ノ
行ってらっしゃいダカスコスにギュン。

眞王が有利に有利の心の中にいる。と説明。
有利は眞王に出て行け~!といっております。
そして、眞王が何故有利を眞魔国の魔王にしたのか
を説明しようとしました。そこから有利の動揺がはじまったのね。
眞王廟にいる有利の手がピクリ。と動いた。
それをみてギラギラ眼鏡の村田さん(○ε○)ノが
「始まったみたいだね。次に君が目覚めるとき・・うんたらかんたら」

次回予告を見る限り有利は眞王の精神攻撃に負けるんだろうな・・・きっと。そこで、コンラッドが助けに行く、と!(違っ・・くはないか)

来週も見るぞ~~~!
スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。