華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じれっ隊に萌えたので、自分も妄想設定ww

準太wwwww

不快に思われるかたはこの記事スルーで!!!













妄想注意報ww




設定
 
・2-4(準太と同じクラス)
・身長155cm 体重いやん 髪型はボブでパーマ。
・マネジャー集団の一人。
・去年のクリスマスあたりから付き合う。
・告白は「なあ、カンナはオレのことどう思ってる?」
「え?どうって・・・好き・・かな」「マジで?」「///うん」
・実は両想いだった。と判明し、付き合うことに。
・裁縫はあんまり得意じゃないけど、器用なほう。
・基本カンナは乙女思考。
・準太ががんばれるためなら、お菓子でも差し入れでもなんでもする。
・チームのモノマネが好きだが、似てないと準太。
・よく準太はカンナの頭をわしわしとなでてくる「お前チワワに似てるから」とのこと。
・私はあんなちっこくない!!がクラスの女子でも小動物扱いされる日々。


妄想アテレコいってこーい!!

カキーン・・・・
その日、天気は快晴だった。
私は準太と休みの日に近くの商店街まで来ていた。

「ねぇ、準太」
「何?」
「今度試合をする学校って、全員1年って聞いたけど本当?」
「ああ、たしかそう…和さんが言ってた」
「そっか…西浦高校、どんな選手が攻めてくるのか楽しみだね」
「おおっ///」
「おっし!今年も甲子園目指せ!桐青ぃ!」
「ばっか!夏大を甘くみんなって!」
「え?」
「いくら相手が1年で今年できたばかりのチームでも油断できないんだぞ。1年でも手は絶対に抜かない!!」
「それって、和さんの受け売り?」
「え?」
「『夏大に道なんかないぞ』ww」
「ぶふっ・・・!!そ・・それぜんぜん似てないwww」
「あはははww・・・!あ、そうそう!試合のためにね、マネージャーの女の子とかで集まってね、すごい千羽鶴作ったんだよ!」
「へぇ、そりゃすごいね」
「だから今度の練習のときもってくね!」
「おーサンキュー。皆喜ぶよ」
「あとは~・・・はいっコレ!」
「・・・コレは?」
「お守り」
「なんかものすごい手作り感でてるんすけど…」
「いいの!私の愛情がこもってんだから!」
「//////ありがと、オレのために」
「恋人でしょ?コレくらい当たり前だよw」





はいはい!強制終了!!
恥ずかしいので!!!!!
スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。