華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏マDX届いたよ
しかし、あの包み、よくうちのポストに入ったね!!
でかいよ!





サラがおもしろかった。
黒かったけどね。
掃除夫に化けてライバルの大シマロン領に潜入する姿は、
某テニスのんふっってよくいう人を思い出しますな。

まぁ・・・石田さんだし?!

34.jpg


感想MOREに続く。

●勝利の出番。

・冒頭と最後の兄貴は秋葉系要素が濃かった。ギャルゲータオルをユーリに海に行くときに持って行きなさいと、強く勧めたり。
・幼馴染フラグが立っているとか。
・オレは3次元の女には興味がない。まで発言してるし!!!!

●腕切りシーン
ぼとっって!腕が~~~!!
やっぱこのシーンは重要ですわ。

●シリアスなんだかギャグに走るのか・・・。
・アニシナの雪ギュンターに雪うさぎ、赤頭巾、マッチョ人形、ガラスの靴などを置いて股間を隠そうとする長男と三男。
・なんですか、茶羽根油虫って。湯をかけたら死ぬんですか?!それともかけても平気?!
・湯をかけてなんか実験しようとしているアニシナ、それを止める長男をほおっておいて、三男は「必ずや、ユーリを・・・」とシリアスな感じで部屋を去っていくのだった。

●港でバイト!
・マッチョじいさんに気づかない。やはりヨザの変装はすごいのか。
・マッチョ女将に「素敵な上腕二頭筋ですね」っていってますが・・・ここでも気づかない。この台詞あの船でもいったのにね~(^^;)
よし、やっぱヨザは変装のプロなのですよ。

●ギルビット邸の牢屋にて。
・猊下に片方のコンタクトを入れてあげようとするお庭番。
・コンラッドの真似?!「オレの下賎な指があなたの高貴な~お許し下さい」って!
・しかし、スグにいれちゃったので、その機会はなくなりました。
・近眼一筋80年らしいので、自分で入れられるようです。
・ユーリがコンラッドに入れてもらっていたということに対して、「無防備すぎだよ・・」とため息。

32.jpg


●小シマロン家族会議?
サラレギーは相変わらず黒いな~。
ユーリを飼いならそうとしてますよ。
それをマキシーンが「拾ってきた場所に戻してきてください」とやめさせる。
なんだ、この図。

父:あーだるまっちょ
母:マキシーン
子:サラレギー

サラ「嫌だよこんなヒゲの母親」

Σ(=△=;)

●ジェイソンとフレディが言ったこと・・・
・ヴォルフが自分の愛(忠誠心)をユーリに伝えようと、
あやしい占い師に占ってもらおうとします。
・その正体はどうきいたって・・・・サラレギーだろ。
・「さらり~さらり~さらり言うわよ~」って細木●子か!
・サラさん、予言っていうか、自分がモノにします宣言を占いで言ってる。

●ベラール4世陛下
・あの無邪気な声で黒い台詞を図れるとこわすぎです!!!!
・某鋼のアルの声・・・。
・「伯父上と朕、どっちが大事?」みたいなこと聞いてますよ!
・朕のほうを選んでくれたらいいこと教えてあげる。だって。
・いいこととは、伯父のベラールが、ユーリたち一行を襲う気でいる。とのこと。
・「何故教えてくださるのか」と聞くと、叔父の目論みを邪魔するのが気持ちよくてしょうがない。らしい。「ねえ、コンラート、カロリアの皆さんをどうする?伯父上の思い通りにはさせたりはしないよねぇ?」←このときの台詞がまさしく黒い!!

33.jpg


●便所で会話はおかしいだろ。サラ、次男よ。
・大シマロンの厠に潜入のサラレギー陛下とマキシーン。
・そこにコンラッドがやってきて、二人便所と個室の着替えは禁止とか言ってる。デパート?
・サラがコンラッドに忠告をしたら・・・コンラッドは「早く一人でおしっこできるようになりなさい。厠のしつけもできていないような猫は
行く先々で嫌われますよ」と行って便所から離れていきました。
・この言葉って、本当に彼への忠告だな・・・。

31.jpg


●メガネーズ。
・最近、ムラケンズでなく、メガネーズになってる!!ちょっと寂しいよ。
・おいおい。次男はなんで地球にいるの。なんで鼻眼鏡って。。。よく宴会で使うアレですか。はっこないだ綺羅は鼻眼鏡をW大アナ研の部室でかけてましたよ。
・息苦しいし、耳のゴムが痛いという次男に、はずせ!とユーリ。
・すぐ従ってはずしましたvv
・なんでいるのという質問に対して「はぁ、しかし猊下が、メガネーズだからと・・・」という次男。
・お前はメガネじゃないだろ!!!どうせなら老眼鏡のギュンギュン閣下を呼べという。
・ああ。ユーリ、大変だね、また3倍突っ込まなくちゃいけないなんて。



小説● 遠足は結構。

・熱をだしたユーリ。そんななか夢を見る。
 ソコには本来ならいない人がいた。
・夢でコンラッドが看病してくれている。
・「目が覚めたら忘れていますよ」という夢のコンラッドに「じゃあ目を覚ましたくないな」とちょっと甘~vvv
・食欲ないだけで「重症だ!」と次男。ま~重症っちゃ重症なんだけど。文字が「重傷」になっていたのですが、いいのかという突っ込みはしないでおこう。
・すりおろしりんごを作ってくれるコンラッド。いいな~vv
・夢の世界なのだが、明日の遠足に次男もいけたらよかったのにと漏らす。おまっかわいいなvvv「俺もそう思うよ」とかえす次男。
・りんごをくれるのかと夢の次男に言うと微笑んだ次男がりんごをユーリのおでこに当てる。
・冷たいと思ったら三男の手だった。どうやら目が覚めたようだ。
・何か食べれると聞く三男。りんごならすりおろしてくるという。
それを不思議に思ったユーリ。なんでりんごがと。
・昔三男もすりおろしりんごを食べさせられたんだって。
・そのすりおろしりんごを作ってくれたのは・・・・やっぱり夢の人だったみたいだ。
・三男はお兄ちゃんっこ決定。
・明日は無事遠足にいけそうですが、やっぱり夢の彼は参加できない。それでも遠足は結構したそうな。

わああああああ切ねぇ!!!!!
なんでコレが夢なんだ!!!!


桜花ちゃん、コンラッドとヨザはなんかぜんぜんかかわってなかった。
いや、確かにぶとーかいにはいたんだけどね。

スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。