華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマトナデシコ。    10/04/2006
ひ・・・ヒロシくんがエンディングで
ダンス踊ってる!!!!!!!!!!!!!!
いやああああああああああああああああああ!!




てなわけで、ヤマナデアニメ第一話を見たよ。
あの漫画元がキレイな絵だから、アニメで崩れないか心配。
でもまあ、1話は許せる範囲でしたね。

OP&EDともに清春さま。
原作者の希望か?

なんかおばちゃんは某魔王小説の前魔王陛下のようですね。

「女とは恋なき場所では生きられないものなの~」
「今から私は素敵なラ~ヴを求めて世界へと旅立つわ~後は任せたわ~アディオスアミ~ゴ~ス」

とヘリコプターで旅立ちました。

そして砂子登場。

出だしはどこかのホラー映画にでてくる…
貞●のようです・・・。
彼女が歩くたびにポクポクポクと木魚の音が・・・。
そして
恭「お前さ、その前髪うざくね?きっちまえ」
と砂子の前にでると、
突然廊下の電球がパリンパリーンと・・・・。
なんかずっとホラー映画のようです。

4人が本当に砂子を素敵なレディにできるのかと
ファミレスで悩んでいると、ウェイトレスが
「ご注文は?」と聞いた。
4人は口をそろえて
「普通の女の子」と答えました。
そしたらファミレスにいる女子全てが
黄色い声を上げるという・・・。
こいつらは環境によろしくない!
砂子もだけど、こいつらはいろんな意味で・・・。

砂子・・・・見た目は●子。
砂子の部屋にはヒロシという人体模型と、ジョセフィーヌという骨格標本がある。そして、一部屋にいるとき、砂子の話し相手は彼ら。そして、部屋のテレビでは常にホラー映画などを・・・・。
もちのろんで、部屋の明かりはなく、真っ暗。
部屋には呪いやら、黒魔術やらの本が無造作に散らばっている。

その部屋に入るのには勇気がいるが、
恭平は風呂上りの上半身裸ではいった。
恭平は美男子で、キラキラしているので、
暗い部屋に一気に光が差し込む。
砂子は悲鳴をあげた。

悲鳴を聞きつけた
武長、雪之丞、蘭丸の3人は、
男の子が怖いのかといっていたが・・

ただ砂子は・・・・

まぶしい生き物は苦手なだけなのだ!凝視できない。

「違うから出て行って!!」と、追い出そうとする砂子。
「勝手にすれば」と4人の美男子は出て行ってしまう。

1人残された砂子
・・・鼻血だしてます。
刺激が強すぎたのね。

屋敷から出て行こうとする砂子を見た恭平。
その後を追いかけると、一般ピーポーに囲まれ
「幽霊」扱いされて道路で座り込んで泣いているのを発見し
恭平は砂子を連れ戻す。

砂子は連れ戻しに恭平に顔を赤らめる。

屋敷にもどると、恭平が夕飯作りのため、キッチンに立つ。
しかし、なかなか上手くいかない。
その姿を見て、砂子が。

せっかく彼らが優しくしてくれたのに、私は。とか思ったんだろう。

「すわってて」と包丁をもって、
楽しそうに魚をきっている。血が!血が~~~~!
ゴムで紙を結わいていて、うなじに4人はドキュン。
そして出来たものはすごく美味しく

「おか~さ~ん!!」

と叫んでしまうほど。
4人は砂子の前髪で隠れた素顔を見たいと思った。
恭平が砂子を押し倒し、輪ゴムで前髪を結わえたが、
なかなか顔を見せてくれない、じたばたと暴れているうちに、
キッチンのコーンスターチ?小麦粉?が砂子の顔にかかる。
おしろいが顔に付いたみたいになった。

化粧栄えするんだろうな・・。
きれいな顔をしていた。
元がいいんだけど・・。

小麦粉を取った後の顔はレディとはいえないほどボロボロだった。
目の下にクマとかできてるし、肌にはにきび・・口はがさがさ。

でも思ったより普通だったので、
彼らは砂子をレディに仕立て上げることを
決意したのだった。

問題は本人だよ☆

来週は砂子が学校デビュー?!
スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。