華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里見八犬伝!    01/02/2006
戌年ということもあり、新年早々、「里見八犬伝」という犬の名前が出てくるドラマをやるとは、TSもなかなかやるではないですか。

まあ、里見八犬伝といえば、昔、はまった漫画
よしむらなつき先生の里見☆八犬伝です。
この漫画、犬塚志乃が女の子になってます。

さて、ドラマの感想。
玉梓が殺されて悪霊となり、8つの煩悩の子を伏姫に産ませようとしましたが、伏姫は自分の命を持ってそれを阻止し、その8つの煩悩を8つの善の力、「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」に変えた。善の力を込めた8つの珠は、関東の一帯に散らばってしまいました。

呪いを断ち切るかのように短刀を腹に刺すシーン。婚約者の大輔さんも可愛そうです。うるうるきちゃいましたよ。

しかし、船虫さん、ともさかりえですか。
漫画では船虫さん敵なんですが・・・あ~なるほど(公式HPを見つつ)。大角はどうした~と思ってたら、あの人が大角で・・・。一角は陣内さん!!

毛野は浜路ちゃんの近くに最初はいたのね。そういや
志乃が踊りみてたけど、近くに浜路が踊ってるの気づかなかったね。
お前さん許婚なんだから気づけ~!
ま、そこが物語の面白いととこや。
毛野って男なんだけど、山田優さんですよね。
がんばってるな~。ファイト~~!

里見八犬伝って物語が好きです。
よしむら先生の漫画も好きですが、原作も好き。
もう一度原作および漫画を読みたい・・・・。

原作は滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」です。
スポンサーサイト
secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。