華美たる月のもとへ・・・。
綺羅のつれづれ日記。
スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美技にブギウギ♪    12/23/2005
第2幕は主にダブルス2、1、シングルス3、2の試合。

第3幕のほうが面白いと思う。
最初にスクリーンで映像作品。
昔の映画みたいに声がはいってなくて、セリフはテロップででる話でした。
跡部が手塚との対決のために練習をしていると、
監督がやってくる。
「監督」
「そのまま続けていろ」
「はい」
練習を始める跡部。
その後ろで、タンゴダンス始める監督。
お~い・・・その姿は監督は・・・上島さんじゃないですか!!
あんなことするのは演出の上島さんしかない・・・。
でも面白かった。

3幕最初の曲は1幕でも歌った氷帝のテーマ。そして盛り上がりに盛り上がった状態で、氷帝コールの上に会場には手拍子要求。割れんばかりの手拍子の中跡部がジャージを脱ぎ…

「勝つのは……」

 手拍子がやむ。ジャージを投げ捨て、

「俺だ」

なんと、会場のお客さんを巻き込み、あのシーンをリアルに再現してしまった!すげ~。

跡部と手塚の戦いは見ているこちらも真剣になってしまいます。
もう手に汗握るだね。
大和部長の声はアニメの声でした。

リョマと日吉戦。
やにゃぎのダンスはぎこちないけど、
頑張って演技してた!!
頑張ったなやにゃぎ。

そしてラストは今度は氷帝による『Do your Best』。
青学のこの曲もいいけど、氷帝によるこの曲もなかなかいいのでは。

カーテンコールで、跡部と手塚が腕組をしていたり、
アンコールで手塚と不二が面白い手の振り方をしてました。
面白いシーンもっといっぱいあったけど、もう一度DVDでみようと思う。

そうそう、跡部役の加藤くんのソロCDを会場で購入しました。
『Do your Best』と跡部のソロなんかも歌えたり。
あとの3つの曲なのですが、
あのデジモンソングでよく見かける
山田ひろしさんが作詞してました。
おお、こんなところで・・・。

いや~テニミュ最高ですよ。
シリアスとギャグがいい感じ。
原作が好きだから、みたくないっていう人もわかるでど、
演技は本物だと思う。舞台演出もダンスの振り付けも、
レベルは高いです。

みてない人は、公開が決まった、実写の映画をごらんあれ!!!
スポンサーサイト
secret

TrackBack URL
→http://kirakan.blog36.fc2.com/tb.php/10-2af716e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。